TOP > 結婚式 > カタログギフト

結婚式場で渡す際に便利な引き出物であるカタログギフト

ウェディングは、結婚するカップルの希望を反映して行われる事が多い様です。

しかし、引き出物に関しては自分達だけではなく、受け取る人の事も考慮して贈りたいですね。

普段は行く事がない様な遠い所から時間をかけて結婚式場まで来てくれる人もいます。持ち運びに不便な物を渡してしまうと、中には困らせてしまう事もあります。

その事も考慮して最近ではカタログギフトを引き出物として贈る人が増えています。カタログギフトであれば、結婚式場から自宅に持ち帰る際にも便利です。

しかし、カタログギフトはたくさんの種類があります。価格帯も様々ですし、来てくれる人によってどんな物がいいのかを考えましょう。

引き出物の意味について

引き出物は、今ではお祝いのお返しという意味合いを持ちますが、昔は宴席のお土産とされる馬を引き出してお客さまに見せたことが由来になっています。結婚式などの祝いごとで配られるものに使われる言葉ですが、法事のお返しも引き出物と呼ばれます。

一昔前は、披露宴で振る舞われた料理を持ち帰ることが主流でしたが、衛生面を考慮して、料理の持ち帰りと別に記念品を用意するのが一般的になってきました。中には、ご祝儀に合わせてお客様ごとに贈り分ける新郎新婦もいます。贈る品物に関するマナーやしきたりは地域によってさまざまですので、確認してみると良いでしょう。

関連

引き出物で人気の選べるギフト

引き出物というと結婚式でもらうもの、と思う方が多いですが、実際はそのほかに、仏事の品物にも使われる場合があります。いずれにしても、感謝の気持ちを込めてお配りするという心配りは共通しています。

ただ、多くの方に配るとなると、もらう方々の年齢もさまざまで、全ての方が満足できる品物を考えるのは、なかなか大変なことでしょう。最近の選べるギフトが人気なのは、そういった理由も反映しています。もらう側から見ると多くの種類から欲しいものが選べること、贈る側としては、引き出物であれこれ悩まなくて済むのも、理にかなっていると言えます。

披露宴の引き出物選びは慎重に

結婚式の披露宴における引き出物選びは慎重に行いましょう。趣味の合わないものや記念の意味が強い置物などは敬遠されることが多く、新郎新婦への印象も変わってきてしまうため、記念品として贈り物を用意する際は、ゲストのことを考えて、普段遣いのできる品物を選ぶことが大切です。

引き出物を選別するのもいいですが、考えすぎて決められない場合は、カタログをギフトにするのもおすすめです。たくさんの商品が掲載されているので、カテゴリ別にゲストに合わせて変えることもできますし、ゲストに好きなものを選んでもらうこともできるので、流行っています。

メニュー

TOP 結婚式引き出物 結婚式の準備 引き出物 結婚式場 結婚式場京都 ネームインポエム

「結婚式の勉強」ではブライダルウエディングに関する情報をご紹介しています。大阪や京都の結婚式場や結婚式の引き出物・カタログギフト選びについてなど、細かく見ていきましょう。

お問い合わせページはこちら。大阪・京都の結婚式場や結婚式の引き出物についての資料やカタログは専門サイトからご請求ください。