TOP > 引き出物 > 結婚式引き出物 > 引き出物の食べ物

引き出物は食べ物も気を使いましょう

結婚式で出す引き出物は、最近ではカタログで選んでもらうタイプになってきています。

この方が、持ち帰る人も重い荷物で帰宅せずにすむので、心遣いにもなります。

そんな中、やはり引き出物のカタログギフトだけではというのもあり、重さも適度である食べ物、ケーキなどを一緒に引き出物の中に入れます。

食べ物であれば、家族で食べれるので喜こばれます。

食べ物を結婚式の引き出物にするにあたり、日持ちのするものを選びましょう。バームクーヘンが定番ですが、お菓子で美味しいし、また日持ちもするので喜ばれます。そういった心遣いをするのも大切なのです。

ゲストに喜んでもらえる結婚式の引き出物

結婚式をおこなううえで、新郎新婦で様々な事柄を決めていくことになるでしょう。その一つに引き出物があります。どのようなものを選んでいくかは、新郎新婦のセンスに問われます。

招待するゲストは年代や間柄も様々で好みを統一する事はむずかしいと言えます。そのような場合においては、贈りわけすることをおすすめします。贈りわけは年代やいただくご祝儀の金額、ゲストの間柄などによって分けることができます。

贈りわけをするのであれば確実におこなう必要がありますので、余裕を持って早い段階でおこなっておくことをおすすめします。

結婚式の引き出物に関する記事

引き出物はカタログギフトで決まり

結婚式の引き出物で最近主流になりつつあるのが、カタログギフトになります。結婚式に参列してくれるゲストに対して渡すものになりますが、その場合においてせっかくならばゲストの好みに合わせて贈りたいでしょう。

日本人については遠慮する傾向にありますので、このようなギフトカタログの形態は、理にかなっているものであるでしょう。

カタログギフトであればガストが数多くの掲載商品から、好みのものをセレクトすることができますので、非常に有効な手段であると言えるでしょう。最近ではさまざまな種類のものが出ていますので、ゲストごとに選んだりすることができるでしょう。

引き出物を選ぶコツについて

結婚式での引き出物選びは、いろいろな面で悩む問題です。本人たちの年代や両親の意向を始めとして、お客さまとの関係性などを考えなければならないためです。悩んでしまったときの選択肢の方法として、カタログを活用する方法があります。

招待客本人に、自宅で必要な物を選んでもらうことができます。お世話になる親戚や年配の方が多い場合、幅広い年齢に利用してもらえる引き出物を用意するのも難しいですし、ご祝儀の金額も違いますから、それを考慮する必要もあります。カタログを活用すれば、招待客に合わせて雑貨やグルメなどの商品別にも、値段設定別でも用意することができます。

カタログギフトや結婚式の引き出物通販

ゼクシィやシティウェディング、ウインクといった多数のブライダルウエディング雑誌で紹介されているカタログギフト引き出物専門店。東京や大阪、京都でも人気の引き出物商品が揃っています。
結婚式引出物専門店アールウエディング
http://www.wedding-r.com/
[福岡事務所]
〒804-0031 福岡県北九州市戸畑区東大谷1-4-7
披露宴の司会者派遣から似顔絵ウェルカムボード、席札ワインボトル、プチギフト、キャンドルレンタルなども取り扱っています。

引き出物の郵送や宅配を行うエンジェル宅配
http://www.angelexpress.jp/

持って帰るのにかさばらない引き出物にしたい!

お互いの出身地が遠く、間をとって都内で式を挙げるような場合には、招待客の方々は地方から新幹線や飛行機で来てくれることと思います。そもそもお洋服や、着替えなどで荷物が多いなか、結婚式の引き出物まで重くかさばってしまったらもって帰るのが大変です。

そういった招待客が多い新郎新婦さんにおすすめの結婚式の引き出物がカタログギフトです。

こちらはカタログを渡して、その中から自分が欲しいものを自分で頼んでもらうというスタイルですが、当日持って帰るのはカタログギフトだけですので、かさばることがありません。また食器などのように壊れる心配もありませんので、気軽にもって帰ってもらうことができます。

メニュー

HOME   結婚式引き出物   結婚式の準備   引き出物   結婚式場   京都結婚式場   ネームインポエム   ウエディング京都

「結婚式の勉強」ではブライダルウエディングに関する情報をご紹介しています。大阪や京都の結婚式場や結婚式の引き出物・カタログギフト選びについてなど、細かく見ていきましょう。

お問い合わせページはこちら。大阪・京都の結婚式場や結婚式の引き出物についての資料やカタログは専門サイトからご請求ください。