引き出物は食べ物も気を使いましょう

結婚式で出す引き出物は、最近ではカタログで選んでもらうタイプになってきています。

この方が、持ち帰る人も重い荷物で帰宅せずにすむので、心遣いにもなります。

そんな中、やはり引き出物のカタログだけではというのもあり、重さも適度である食べ物、ケーキなど一緒に引き出物の中に入れます。

食べ物であれば、家族で食べれるので喜こばれます。

食べ物を引き出物にするにあたり、日持ちのするものを選びましょう。バームクーヘンが定番ですが、お菓子で美味しいし、また日持ちもするので喜ばれます。そういった心遣いをするのも大切なのです。

ゲストに喜んでもらえる引き出物

結婚式をおこなううえで、新郎新婦で様々な事柄を決めていくことになるでしょう。その一つに引き出物があります。どのようなものを選んでいくかは、新郎新婦のセンスに問われます。

招待するゲストは年代や間柄も様々で好みを統一する事はむずかしいと言えます。そのような場合においては、贈りわけすることをおすすめします。贈りわけは年代やいただくご祝儀の金額、ゲストの間柄などによって分けることができます。

贈りわけをするのであれば確実におこなう必要がありますので、余裕を持って早い段階でおこなっておくことをおすすめします。

引き出物はカタログギフトで決まり

引き出物で最近主流になりつつあるのが、カタログギフトになります。結婚式に参列してくれるゲストに対して渡すものになりますが、その場合においてせっかくならばゲストの好みに合わせて贈りたいでしょう。

日本人については遠慮する傾向にありますので、このようなギフトカタログの形態は、理にかなっているものであるでしょう。

カタログギフトであればガストが数多くの掲載商品から、好みのものをセレクトすることができますので、非常に有効な手段であると言えるでしょう。最近ではさまざまな種類のものが出ていますので、ゲストごとに選んだりすることができるでしょう。

両親や兄弟に贈る引き出物

結婚式で外せないのが感謝の気持ちとして贈る引き出物でしょう。

昨今においては、さまざまなものがありますので、迷ってしまう新郎新婦も多いことでしょう。両親については引き出物を渡すのもいいですが、別に花束や写真などの記念品を渡すと喜ばれるでしょう。また、兄弟においてはご祝儀の金額が高いケースが予想されますので、ワンランク上のカタログギフトなどを用意してあげると喜ばれるでしょう。

最近では、レストランや温泉を楽しむことができる体験型のカタログギフトもありますので、その様なものを渡し家族で行ったりしてもいいでしょう。

持って帰るのにかさばらない引き出物にしたい!

お互いの出身地が遠く、間をとって都内で式を挙げるような場合には、招待客の方々は地方から新幹線や飛行機で来てくれることと思います。そもそもお洋服や、着替えなどで荷物が多いなか、引き出物まで重くかさばってしまったらもって帰るのが大変です。

そういった招待客が多い新郎新婦さんにおすすめの引き出物がカタログギフトです。こちらはカタログを渡して、その中から自分が欲しいものを自分で頼んでもらうというスタイルですが、当日持って帰るのはカタログギフトだけですので、かさばることがありません。また食器などのように壊れる心配もありませんので、気軽にもって帰ってもらうことができます。

結婚式の引き出物に関する記事