引き出物として縁起物

結婚式というのはせっかくの機会ですので、縁起がいい物を引き出物として選ぶのもいいでしょう。

結婚生活が長く続き、またゲストの中にも結婚して幸せになる人がいればいいですね。鯛と言う魚は縁起がいい象徴だと言われる事が多いかと思います。

しかし、その物を贈る事はできないので、鯛の形をした引き出菓子を選択するなど、少し工夫すると引き出物として選ぶ事もできるでしょう。

他にも縁起がいいと言われている物はたくさんあり、四つ葉のクローバーはいろんな小物にプリントされていたりもします。さりげなくデザインされている物もあります。

お祝いムードにあふれる結婚式に縁起がいい物はいかがでしょう。

引き出物を選ぶ際のギフト活用

結婚式の計画を進めているカップルにとって、引き出物の品物選びは悩ましい事柄の一つとして挙げられます。タオルや食器、お菓子の詰め合わせなどのギフトが定番化している一方で、数多くのゲストを招待する場合などにおいては、一人ひとりの年代や性別、好みなどに合わせることが困難でもあります。

満足できる品物を選ぶために、近年ではカタログギフトのサービスを利用するケースも増えています。一人ひとりのゲストが思い通りの品物を選び出すことが可能となる上、宅急便による自宅への配送サービスなども充実しており、手軽に利用できるシステムです。

こだわりたい結婚式の引き出物

結婚式に取り入れられる引き出物に関しては、招待ゲストへのおもてなしを表現する意味でもこだわりたい内容の一つです。

近年、一人ひとりの好みや性別、年代になどに応じた贈り物ができるとして注目が寄せられているカタログギフトには、ウエディングとしての要素も組み込まれ、多く導入されるようになっています。

それぞれが思い通りの品物を受け取れると同時に、結婚式そのものに対して充実感や満足感が感じられる要素としても利用されている他、サービス内容としても充実しており、宅急便の利用によって自宅まで配送してもらえるなどが挙げられます。

引き出物っていくらくらいが相場なの?

結婚式は何かとお金がかかるので、いろんな場面で「一般的にはいくらくらいなのだろう?」と思うことがありませんか?引き出物の価格帯もその中の一つです。

引き出物はまず3パターンに分けます。親族関係に渡すもの、上司に渡すもの、同僚・友人に渡すものです。金額的には親族=上司>同僚・友人になります。なぜこのように金額に差が出るようにするのかというと、基本的にはご祝儀の金額もそうなっていることが多いからです。

相場としては親族・上司関係が1万円から2万円、友人同僚が5千円から7千円と言われています。あくまで相場ですので、また自分との関係性によって変わってくることもあります。

親戚関係に贈る引き出物

結婚式については一生に何度もないことから、親族など多くの人が訪れてくれるケースが多いでしょう。親族については年代もバラバラですので、引き出物として贈るものに迷いが生じるケースもあるでしょう。その様な場合においては、消耗品でありながら高級感のあるブランドのタオルや、食器などを贈るといいでしょう。

遠方からきてくれるゲストであれば郵送の手配もしておいてあげましょう。そうすることで荷物を減らすことができるでしょう。

それでも決まらない場合においてはカタログギフトを渡すことをおすすめします。最近では体験型のものもありますので、その様なものを渡してもいいでしょう。

結婚式の引き出物に関する記事