節約と引き出物のバランス

できるだけ結婚式は節約したいと考えるカップルは最近多い様です。

結婚式においても節約しやすい部分とそうではない箇所があるかと思います。まず、ドレスや会場などは多少節約しても特に問題はないかと思います。

しかし、引き出物やお食事を節約してしまうと、ゲストの満足度に関わる事もあります。ゲストはお祝儀を渡しますので、それなりの引き出物やお食事にしてほしいと考える人もいるでしょう。引き出物は取り分けて高い物にする事もないですが、なるべく相場を意識する様にするといいかもしれません。

あまり高すぎる引き出物であればゲストが逆に気を使う事もあります。ネットを使うと引き出物の価格を調べる事もできます。

引き出物における工夫とアイデア

結婚式準備として挙げられる事柄には様々な物があり、その中でも招待ゲストへのおもてなしとしても取り入れられている引き出物には、あらゆる工夫がされたものも見受けられるようになりました。タオルや食器、お菓子の詰め合わせなどが定番化する中で、カタログギフトの導入も増えています。

結婚式の会場に招待されるゲストが多い場合などにおいて、一人ひとりに合わせた品物選びを行う事は困難です。思い思いの品物が受け取れるような工夫が取り入れられることで、より満足のできる結婚式へと印象付けられる他、宅急便による宅配サービスなども利用できます。

引き出物っていつ頃頼むのがベストなの?

結婚式を挙げることになったらまずしなければいけないのが、会場を決めることです。会場を決めてしまえば自然と日付も決まってきますし、日付が決まったらそこに向けて準備を進めていくだけです。

ドレスのレンタルや、招待状の発送、プロフィールムービーの作成などやることが山積みですが、その中でも発注のタイミングに一番迷うのが、引き出物の発注のタイミングです。

引き出物に菓子を入れていることがほとんどですので、よりタイミングに困るのではないでしょうか。発注してから納品は長くても2週間ほどになりますので、式当日の2週間前ほどに頼むのがベストです。

引き出物の掛け紙について

引き出物は祝いごととなりますので、掛け紙をつけて贈ることとなります。意外と分からないのがその場合において、外のしにすべきか内のしにするかどうかです。

お祝いを強調したい場合には、外のしの形式でつけます。そこまで強調したくない場合や郵送などで贈る場合には、破れたりしないようにうちのしの形式で贈ることが一般的になっています。

普段使い慣れていないと掛け紙や水引などは迷う傾向にありますが、ウエディングプランナーさんは、そのような常識についても、きちんと把握していますので、不明点はちゃんと聞くようにしましょう。

未婚女性に贈る引き出物

最近では多様化する結婚式において、引き出物のかたちも多様化するようになりました。その背景からゲストとの間柄や、年代、ご祝儀などで贈りわけをおこなうようになっています。

未婚女性に喜ばれる引き出物を選ぶにあたっては、実用的でありながらブランドなどの高価なものが好まれるような傾向にあります。また、癒しグッズも喜ばれますので、そのようなものを中心にセレクトするといいでしょう。万が一、それでも決まらないようであれば、カタログギフトを利用するといいでしょう。感謝の気持ちを表すものでありますので、ゲストにあったものを選ぶようにしましょう。

結婚式の引き出物に関する記事