うれしい引き出物

来客に結婚式引き出物を贈る時には、どんな物がいいだろうか、という事でかなり考えてしまう人もいる様ですね。

確かに、人にあげる時には、自分の好みだけではなくその人の事を考えないといけないのでかなり難しいかと思います。

しかし、自分がもらう立場になって考えると選びやすくなるかもしれませんね。これまでに結婚式に招待されて、引き出物をもらった事があるという人は、その時の経験を参考にしながら検討してはどうでしょうか。

また、贈る人のライフスタイルなどを考えるのもグッドですね。それでも決められないという人は、選ばれている商品のランキングをチェックして、売れ筋の商品の中から選ぶ事も可能でしょう。

引き出物を探す際に気にしたいサービス

引き出物を選ぶときに困ってしまうカップルは多く、結婚式準備の中でも厄介な問題の一つとして取り上げられます。

特に、多くの招待ゲストが集まる結婚式においては、一人ひとりの好みや年代、性別に合わせた贈り物をすることが困難とされる中、近年では、カタログギフトのサービスを取り入れる方の割合も多く見受けられるようになりました。

それぞれに応じた品物選びが行えることで、満足のできる結婚式として用意することが可能となります。また、宅急便による宅配など、会場から自宅までの荷物を増やす心配がないように、様々なサービスが含まれています。

引き出物を買いに行こう!

引き出物は別に結婚式場で購入する必要はないのです。もし結婚式場で用意されているものが自分たちの好みと違うタイプの品物だった場合には自分たちで別途探しに行くことができます。

ただしこの時に気をつけなければならないのが、式場によっては持ち込み料がかかるような所もありますので、あまりにも持ち込み料が高いような場合には、少し考えた方がいいかもしれません。

そこまで費用がかからない場合には自分たちで一から選ぶに行くのも楽しいものです。デパートでは、そういったプレゼント用の対応にも慣れていますし、包装、配送などすべて担当してくれます。

職場の同僚に贈る引き出物

結婚式に参列してもらった際に感謝として渡す引き出物ですが、最近では贈りわけをすることが主流となってきました。会社の上司ではなく同僚に贈るものについては、友人と同等のもので問題はないでしょう。ご祝儀相場も3万円となりますので、特別高いものを渡す必要はありません。

引き出物として喜ばれるものは、ブランドもののハンカチやタオル、万年筆など少し高級感の溢れるものを贈ると気が利いていると思われるでしょう。しかしながら、同僚の雰囲気などに合わない場合には、品物が選べるカタログギフトなどを利用する方法をおすすめします。

引き出物は自由だがそぐわないものもある

自由に設定しても、引き出物はいいとされています。そもそもあまりにも向いていないもの以外は、何を入れても大丈夫とされているのです。しかし入れてもいいものとそうでないものをしっかり考えて、入れて大丈夫なものから選ぶようにしてください。

引き出物を考えている方の場合、入れていいものをしっかり検討していれば、自由に入れるものを選んで、その中で最高の商品を考えられるのです。ただ入れると失礼に当たるものも多数ありますので、もし入れてはいけないものを入れようとするなら、結婚式場のスタッフが止めてしまう場合もあります。

結婚式の引き出物に関する記事

結婚式の引き出物や結婚式場についての情報は世の中にあふれていると思いますが、あるマニアに意見を記したものです。

結婚式の引き出物や結婚式場の情報以外のお問い合わせはこちら